Cards, Gamble, Gambling, Gambler, Poker, Casino, Game

Pixabay

近年、オンラインでバカラ カジノをプレイする人が増えているのをご存じでしょうか?それはトランプカードを使ったテーブルゲームの一つで、ルールがシンプルなことでも人気があります。ライブディーラーを採用した臨場感あるアトラクションも登場し、よりランドカジノに近い雰囲気でプレイできるようになりました。

ここではカジノ バカラで稼ぐ方法、バカラ カジノ 儲かる方法などを中心に、カジノバカラ カジノ 必勝法について徹底解説します。そのルールとあわせて確認していきましょう!

ールをおさらいしよう

最も「9」に近づいた方が勝ち

そのルールはとてもシンプル!バンカーとプレイヤーの間で数字の合計が最も「9」に近づいた方が勝ちです。ではバンカーがプレイヤーのどちらが勝つかを予想します。バンカーとプレイヤーそれぞれに2枚から3枚のカードが配布され、合計の数で競います。

Las Vegas, United States Of America, Night, Street

Pixabay

数字の数え方をマスター

でも9以上のカードが2枚来たら負け?いえいえ、このゲームの場合は数字の数え方が特殊なので、まずは数字のカウントの仕方からマスターしましょう。

J、Q、Kの絵柄カードは全て「10」、Aは「1」、それ以外の2から10の数字は面目通りのナンバーでカウントします。そして、合計値が2桁になった場合、10の位を切り捨てます。たとえば、カードの合計が17の場合は「7」、23の場合は「3」です。結果的に「9」に一番近い方が勝ち!つまり「9」が最強ナンバーですよ。

3枚目が配られるのはこんな時

このゲームは2枚から3枚のカードの合計値で勝負しますが、3枚目を配るときの条件とは何でしょうか?これはバンカー、プレイヤーが2枚目をもらった時のカードの状況によります。まず、2枚目で合計が8または9の場合は、かなりの確率で勝利を決めることができるため、3枚目は配布されません。これを「ナチュラル」と言います。

また、合計値が0から2の場合は9にほど遠いため3枚目を配布します。3から7の場合は、互いのカードの合計値によってカードをもらう権利があります。ここがゲームでの正念場!ライブディーラーの場合は緻密な駆け引きが出てきますが、オートディーラーがオートでカードを配ってくれるので、最初は心配しなくても大丈夫です。

世界にある種類

世界にはクラシックこのゲームの他に、ユニークなルールを備えたスペシャルバージョンがいくつかあるんですよ。バカラ カジノ オンラインでプレイできるバラエティには、スリーカード。ファビュラス4、ミニの他、スーパー、7UP、パワーなど多彩なので一つのパターンに飽きたら別のを試してみて下さいね 。

必勝法・稼ぎ方は?

バカラカジノ 稼ぐために使える方法と戦略があります。一般的なバカラ ルール 略には次のようなものがあります。

パーレー法

パーレー法は別名「逆マーチンゲール方法」とも呼ばれ、ゲームで勝った時に、その勝ち分を上乗せして、勝つたびに賭け金を倍、また倍と増やしていく戦略です。連勝すればするだけ、利益が膨らんでいく頼もしい賭け方です。簡単なチップコントロールなので、初心者にもおすすめです。また、賭け金をパーレーの倍にする戦略を「グランパーレー」と呼んでいます。

マーチンゲール法

マーチンゲール法は、勝つまで次にベットするチップを2倍にしていくシンプルなストラテジーです。一度でも勝利すれば、必ず+1になるので、どんな状況でも負けを取り戻すことができます。資金が尽きる前に、しっかり負けを取り戻すのが鉄則ですよ。

バーネット法

バーネット法は別名「1326法」とも呼ばれ、賭けるチップ数を1,3、2,6という決まった順番で賭けていく戦略です。バーネット法は2連勝できるかが、利益獲得のキーポイントになります。3回目で勝ては何とか利益は得られますが、4回負けてしまうと0になってしまいます。勝負の行方が初期の段階で予測できるのが特徴ですよ。

グッドマン法

グッドマン法は、バーネット法の数字違いを用いる戦略!「1、2、3、5」の順番でチップを増額するので「1235法」とも呼ばれています。バーネット法と異なり、3連勝できるかが勝負の分かれ目となります。2連勝さえしておけば、3回目の勝負は負けてもチャラ。運よく4連勝を決め込めば、それ以降のゲームでは利益が必ず残る仕組みとなっています。

モンテカルロ法

モンテカルロ法を使う時はメモを必ず用意しましょう。メモには勝負した回数、勝敗、そして数列と賭けたチップの枚数の4項目を記載します。数列の欄に「1,2,3」と記入します。両端の2つの数字の合計(1+3=4)を賭けて勝負します。勝った場合は両端の数字を消して「2」で終わり!負けた場合は合計数の4を左端に足し「1,2,3,4」と記入します。そして次回のベットで両端の数字(1と5)を足してチップを「6」を賭けます。数字が1つだけになったり、全部の桁が消えたらこの戦略は一旦終わり!ゲームを続ける場合は振り出しに戻しましょう。数字や計算に強い方におすすめですよ。

10%法

10%は勝ち負けに関係なく、チップの10%に相当する額をかけ続ける手法です。10%は負け続けた時のリスクが低いので、守り型のプレイヤーに向いています。ストラテジーとしては至ってシンプルで、初心者の方でも実行しやすいですよ。

31システム法

31システム法は9セットのゲームを一つと考え、純粋に「1,1,1,2,2,4,4,8、8」の順番でチップを置く戦略です。この数字を全部足すと31になるので、31システム法という名前が付けられました。9セットが終わったら、同じことを繰り返していくだけの超シンプルストラテジー!

ラブシェール法

ラブシェール方法にはメモが必要です。モンテカルロ法と同様に、紙に勝負した回数、勝敗、そして数列と賭けたチップの枚数を書き入れましょう。まず、自分の好きな数字を4つから10個挙げて並べます。ここでは大きすぎない数字を選んでくださいね。両端の数字の合計値をチップとして賭けてスタートします。勝った場合はその合計を左端に書き、負けた時は両端の数字を消します。これを続けて数字が1つになったり、全部消滅したら終わりです!

ダランベール法

ダランベール法は勝利したら「1」を足し、負けたら「1」を引いて賭けていく単純明快な戦略です。ダランベール法は連勝すると利益がグンと膨らむのが特徴ですが、負け続けた場合はいつストップをかけるかが勝負のカギとなります。

自分の攻撃パターンを分析しよう

でも効率よく稼ぎたいなら、自分が一体どのような攻撃パターンを使いたいのか、自分の性格や攻めの傾向などを分析することも大切です。さて、あなたはどのタイプですか?

守り重視で我慢強く挑む

守備を中心にコツコツとじっくり時間をかけてゲームに挑みたいタイプを指します。相手に攻撃ばかりを仕掛けるのではなく、自分が負けないように慎重にカードを選び、守り重視でゲームを進行させたい人のことですね。

このタイプには、最初に選んだ数字以外は負けないとされる「ラブシェール」がおすすめです。その他、リターンは少ないがリスクが極めて低い「10%方法」、連敗してもリスクを最小限に抑えることができる「ダランベール」なども適しています!

完全攻撃型で一気に相手を倒す

臆することなく一気に攻撃して、瞬く間に賞金を獲得したい!そんな完全攻撃型タイプです。攻めの一手で勝ちを狙いたい人は、「パーレー」や「グランパーレー」を実践するのが良いでしょう。パーレーは勝利するごとに賭け金を2倍に増やす戦法なので、運が良ければストレートに利益を増やすことができます。またグランパレーは賭け金をさらに増やすので、パーレーよりも大きなリターンが期待できます。

守りよりも攻めを重視したい方は、この2つの戦略を積極的に用いるのがベストです。最高の運を感じとったら、躊躇せずグランパーレーでゲームに終止符を打ちましょう!

守備も攻撃もどちらも装備したい

バカラを始めたばかりで、守りを重視するべきか、一気に攻め込むか迷っている方は、どちらのコンセプトも尊重したバランスのよいストラテジーを使うのが吉!勝ったり負けたりを繰り返す「モンテカルロ」、連敗から脱出する際に用いたい「マーチンゲール」「グランマーチンゲール」が良いでしょう。

また、「バーネット」や「グッドマン」もおすすめです。バーネットはリスクをできるだけ小さく抑えながらも、4連勝を狙える可能性あり!グッドマンは連勝することで、負けへのリスクを抑える効果があります。ポーカーフェイスな表情の下に隠れる闘志!なかなか勝たせてくれないやっかいな戦略とも言えます。

守りも攻めも状況によって使い分けたいという状況判断型の人は、常に慎重にゲームの進行を見届けることができるのが特徴です。そのため、結果的に勝利を得る可能性も高いと言えますね。